ようやく公式にモノアイが光るパーツが出た!

ZAKU HEAD

以前より販売しているザクヘッド。すでにシリーズ6まで出ていて、コンプリートはしてませんが各シリーズが出るたびに回してますw

そして、この前から「EXCEED MODEL ZAKU HEAD CUSTOMIZE PARTS(カスタマイズ パーツ)」が登場しています。

これはザクヘッドをカスタマイズできるパーツとなっていて、パーツを揃えればそれだけでも1つのザクヘッドができるようになっています。

このカスタマイズパーツはシリーズ6のザクヘッドに合わせて作成されています。ですが、過去シリーズのザクヘッドでも使えるものはあるようです。(使えないものもあります)

パーツの種類は画像を見るとなんとなくわかると思いますが、太くなった動力パイプと旧ザクの部品、そして光るモノアイです。カスタマイズパーツだけでも必要なパーツを揃えれば、旧ザク(シャア専用 or 量産型)、太い動力パイプのシャア専用 or 量産型ザクが作れます。

早速まわして量産型旧ザクが作れるパーツと光るモノアイをゲットしました。

光るモノアイはシリーズ6のシャア専用ザクに、代わりにそのモノアイを旧ザクに組んでみました。

光るモノアイは下の部品にスイッチが付いています。そして後ろにレバーがあってモノアイを動かせるようになっています。

スイッチにはカバーが付いていて、組み立てのときには外すように書かれていたので外します。

これをシリーズ6のシャア専用ザクヘッドに付けます。

シャア専用ザクヘッドを一度解体してモノアイを取ります。これに光るモノアイを取り付けたのがこれです!

これまで、モノアイを光らせたり、スマホからアプリで動かしたりと独自に改造している人たちがいましたが、ついに公式なパーツとしてデビューしましたw

リモートでモノアイを動かすことはできませんが、手動で後ろのレバーを使って動かすことができます。

そして光るモノアイの前の下にスイッチがあります。

これを光った状態で動かすとこんな感じです。

残りのパーツとシャア専用ザクに付いていたモノアイを使って旧ザクを組み立てます。

旧ザクはこれまでとは違って、頭の部分を可動させることができません。固定となるので頭を開けてモノアイを動かすことができません。

なのでモノアイの位置を決めて組み立てます。

おお、旧ザクです。

すでにこの旧ザクにリアルな塗装をしている人たちもいるようです。私にはそんな技術もないので素で組み立てたそのままの姿を楽しみたいと思いますw